秋田銀線細工

白糸が輝く純銀の結晶

秋田銀線細工

0.2〜0.3mmの細い純銀の線を縒り合わせ、指先だけで作られる銀線細工は、別名「平戸細工」とも呼ばれ、長崎の平戸を通じて入ってきたと言われています。長い間受け継がれてきた繊細な技術は「秋田銀線細工」として独自なものとなりました。

問い合わせ先

会社・店舗名 : 竹谷本店(広小路店)
住所 : 秋田県秋田市中通2-4-3
電話番号 : 018-835-1331
営業時間 : 10:00〜18:30
定休日 : 火曜日
URL : http://takeyahonten.sakura.ne.jp/


大きな地図で見る

白く輝く銀線で造る様々な形は正に芸術品

1830年 江戸時代後期に創業された竹谷本店さん。

しかしこの銀線細工、どのようにして出来ているか知ってる人は少ないと思うので、
どういった工程で銀線細工が出来るのか、その一部をお伝えしようと思います!

例えばこれは銀線で作った四角い枠の中にこれまた銀線で作った細かいパーツをはめ込んでいる所です。とても緻密で繊細な作業です。


この作業は「銀線」を使い花弁の中身を手作業で作り、それを花の枠に入れ込んでいる所です。

 
そして出来たのがこの花です!寸分の狂いもない出来はまさに職人の技です!
しかしこれで完成ではありません!
これをさらに職人が仕上げると、、、

美しいすずらんの銀線細工の完成です!
写真でも銀線細工の美しさが伝わるとは思いますが、秋田に来た際は是非竹谷本店に寄って実物を見てみてくださいね!