元祖秋田諸越

秋田の代表的銘菓

元祖秋田諸越

小豆粉と砂糖を主原料とする秋田の代表銘菓「秋田諸越」。和三盆糖を使用した「元祖 秋田諸越」は、上品な甘さが小豆風味とともに口の中に満ち溢れゆっくりととけてゆきます。

問い合わせ先

会社・店舗名 : 株式会社杉山寿山堂
住所 : 秋田市川尻町字大川反233番地の199
電話番号 : 018-823-5185
営業時間 : 8:00〜18:00
定休日 : なし
URL : http://morokoshi.jp/


大きな地図で見る

四代藩主 佐竹義格公絶賛のお菓子

秋田で代表的な銘菓、もろこしを主に作っている杉山寿山堂は300年余りもろこしを作っている大変伝統あり歴史のあるお店なのです!

杉山寿山堂で作られている秋田諸越は、小豆粉や砂糖の他に砂糖の一種、和三盆糖を加え上品な甘さとなっています。口の中で小豆の味がいっぱいに広がり甘すぎず食べやすい一品です。

秋田の風景が描かれている包装紙に包まれて販売されています。

元祖秋田諸越はこうして誕生した!
杉山寿山堂の初代店主が秋田地方特産の小豆粉を用い、いろんな研究を繰り返した結果、完成したお菓子を秋田の四代藩主の佐竹義格公に献上しました。お菓子を食べた義格公は「このものは、諸々の菓子を越えて美味である。」とお褒めの言葉をいただいたそうです。そのお褒めの言葉からそのままお菓子の名前、諸越になったと伝えられています。

杉山寿山堂の初代店主が諸越を考案してから秋田諸越を元祖とし今でも伝統の製法にこだわり守り続けています。

さまざまな諸越を作り、販売している杉山寿山堂。中には、酒瓶の形をした諸越、諸越をパズルのように組み合わせていくと秋田蕗やなまはげ、竿燈まつりと言った一枚の絵になる諸越などいろいろあります。皆さん、ぜひ秋田に来たら四代藩主・佐竹義格公が絶賛した元祖秋田諸越を食べてみて下さい!